2012年

弘前市の小さなギャラリー

現在オープンに向けて着々と進行中の

小さなギャラリーを紹介します。

1月にブログで少し紹介していましたが、

棚の陳列の仕方で街並みの様な空間を

つくろうとしていました。

陳列棚をまるで建築をつくるかのように

大きなスケールでつくり、路地のように少し狭くて

薄暗いところ、窓が近くにあって明るいところ、

トンネル状の天井が低いところ、スッと開けた

広場のようなところなど、様々な体験をしながら

掲示物を眺められるように考えました。

床にはウッドデッキ材を敷いて壁は全て

シナベニヤ張り。あとは塗装を残すのみで、

少しだけ赤みのかかった茶色い色に仕上げます。

遅れに遅れたオープンは4月の中旬。

どうぞお気軽に遊びに来て下さい。

 

葛西 瑞都