2013年

「高田の家」雑誌掲載のこと。

今年の春に完成した「高田の家」が

「住んでみたい青森の住宅」という

雑誌に掲載されます。

しかも今回は表紙に「高田の家」の

書斎の写真が使われることになりました。

撮影当日にはご主人が机上のパソコンの

位置やマウスの配置まで細かくレイアウト

してくださり、こじんまりとしながらも何となく

居心地の良さそうな雰囲気が良く伝わる

写真が撮れました。

マンガ本から難しそうな専門書まできっちりと

並べられています。

さてさて、今回掲載する「高田の家」は

大小様々な5つの中庭をもつ平屋の住宅です。

当然写真撮影でもインテリアだけではなく

内部と外部の繋がり方が大きなテーマで、

写真家の方と試行錯誤しながら撮影しました。

ほとんどの写真に中庭が写されていて、

インテリアと中庭が一体になっています。

写真一枚の中の半分くらいは中庭。。。

↑2つある子供部屋専用の中庭は、

部屋の中のおもちゃが中庭へはみ出して

いる雰囲気。なんとなく気分によって、

内で遊ぶか外で遊ぶか、子供たちが選びます。

↑リビングのテレビボードの背後にある中庭。

植えられている木はシャラの木です。別名

ナツツバキと呼ばれる名の通り、夏に短い

期間だけ花が咲く木です。ひとつひとつの

花が咲く期間は一日足らずなのですが、

撮影当日にはかわいい花が付いていました!

嬉しかったのでアップでもう一枚。

この雑誌に僕の担当物件が掲載されるのは

初めてではないのですが、いつも写真や文章で

表面上の「建築」だけを伝えるのではなくて、

施主と一緒に色々な部分を悩みながら

決めたことや、施主の人柄や好み、

現場で苦闘した職人さんの事など、

裏側の目には見えない雰囲気みたいなものが

少しでも誌面からあふれ出て、それが読者に

伝われば良いなぁと考えています。 

(あと、設計の頑張りも少しだけ。)

 

ちょうど今頃の日にちで発売予定なので、

本屋さんで見かけたらぜひ手にとって

眺めてみてくださいね! 

葛西 瑞都