2019年

丘の上の木の下のカフェ

「Works」に新しいプロジェクトを掲載しました。

 

 

河川のほとりにある、リンゴ畑だった800㎡程の

敷地に建つ住宅兼カフェです。

大雨により近くの河川が氾濫した場合に2mの高さまで

浸水するおそれのある地域ですが、同時にその河川は

地域全体にのどかで魅力的な雰囲気をつくりだしています。

この場所に、元々そこにあったように自然で、

でもあまり見たことがないような不思議な風景を

つくりたいと考えています。

 

 

はじめに敷地の半分以上の面積に土を盛って、

高さ2mの丘をつくります。

てっぺんには大きなケヤキの木。

ケヤキの木を囲うように

大屋根の小さな建物を置いて出来上がり。

斜面には補強用の芝やクローバーの種を撒きます。

ったらかしにしておけば河川敷のように

自然な緑地が出来ていく。

 

 

カフェのお客さんは2mの高低差を

テクテク上がってアプローチします。

たった2mでも視点が上がるのは新鮮で、

子供が大人を見下ろしたり、遠くまで景色が

開けたり、斜面に並んで座ったり。

 

 

丘や木の静的な雰囲気と、

訪れる人達の動的な雰囲気が一緒にある。

のどかであたらしい風景が生まれていくことを

目指しています。

 

葛西 瑞都