2020年

三沢の家

三沢市にご夫婦とお子様1人が暮らすための住宅を

計画しています。

敷地は山の斜面を開発した住宅地の末端にあり、

目の前には桜の公園、その向こうに山並みと

空の風景が広がっています。

自然に下階に寝室と水廻り、上階に居間のあるプランに

なっていきました。

2階には1/3を占める大きなウッドデッキのテラスをつくって

風景の環境をぐっと暮らしに引き込みます。

 

テラスは床の高さを下げることで

手すりが居間の床と同じくらいの高さになる。

それによって居間と風景がダイレクトに繋がる。

建物と同じ間口の大階段はそのまま

何人でもどこでも座れるベンチになります。

テラスの下部は同じ大きさのエントランス。

テラスのすのこ床がそのままエントランスの天井に

なっていて、千切りの明かりが差し込む不思議な空間。

木造の構造がそのまま空間を感じる意匠になって、

さらにそのまま外観に現れていく。

内装は床も壁も天井も木製で、

構造も仕上げも家具もみんな一緒に空間をつくっていきます。

暮らしと建築が上手く混ざり合って、「建物」というよりは

「巣」のような住空間になると楽しいと思います。

これから工事が始まっていきます!


(ちなみにこちらの模型は7月18、19日の「城東の家」の

オープンハウスにて展示致しますのでお楽しみに!)


葛西 瑞都