2013年

「高田の家」に訪問

今年の雪解け時期にお引渡しをした

「高田の家」に行ってきました。

中庭の外水栓に蛇口を取り付けるため

に伺ったのですが、やはり「どんな風に

暮らしているかなぁ」ということが

気になります。さて中へ。。。

この感覚はどのお家でも変わらない

のですが、工事中は自分の建物だと

思っていたのに、後で訪ねるとすっ

かり建て主の生活に馴染んでいます。

少しずつですが家具や雑貨達も

居場所が決まってきていて、リビングには

大きなテレビやお洒落なペンダントライトが

あったり、小さな書斎にはご主人の愛読本が

ズラッと並んでいたりしていました。

なんだかすっかり住みこなしてました。。。

↑リビングのベンチには金魚の小さな水槽。

  床には女の子のおもちゃ。

これから中庭に木を植える為に造園屋さんに

行ったり、お気に入りの家具を見つけるために

お店を廻ったりとまだまだ色々と忙しいのですが、

とても楽しそうに暮らしている様子にこっちまで

ワクワクしてしまいました。。。

ところでこの「高田の家」、夏に発売予定の

「住んでみたい青森の住宅」という雑誌に

掲載されます。

「中庭に囲まれた空間」のことを写真と文章で

伝えるのですが、今回は暮らし始めてからの

撮影になるのでご家族の明るい雰囲気みたいな、

建築以外の部分も伝わる校正を妄想中です。

本当は10ページ位もらって、初めて出会ったとき

から完成までをじっくりと紹介したい所ですが、

現実はたったの4ページ。

いつものことながら困った困った。。。

葛西 瑞都