2014年

「旭ヶ丘の家」のこと

前回敷地についてご紹介した「旭ヶ丘の家」

ですが、今回は建物のことについて。

ご夫婦とまだ小さな2人の仲良し姉妹とが

暮らすための住宅です。

南側に面する崖の方には素晴らしい絶景が

広がっているので1階と2階にあるテラスや

スキップフロアの構成により様々な距離感で

景色を楽しむことができます。

内部構成としては通路土間から見上げると

中2階にリビングがあって、さらに上の2階には

キッチンやダイニング、将来子供部屋となる

サブリビングや水廻りがあります。

1階には主寝室とウォークインクローゼットがあって、

スペースの大きさや仕上げによって居心地に

バリエーションをつくっています。

天井高さも高いところは5.5m位、低い部屋だと

1.9m位と様々です。なので内部に使われる素材もタイル

やガラス、木材やコンクリートや鉄など様々あって、

スペースごとに居心地が切り替わることを想像しながら

設計しています。

・・・とまぁ色々と細かい事を考えていますが、要は

家族みんながワイワイおしゃべりしたり美味しくごはん

を食べられたり、のんびり昼寝したり、子供が遊んだり、

たまに叱られちゃったりする様な空間をしつこく

考えているだけです。

いよいよこれから大工工事も本番。建て主と一緒に

悩みながら楽しみながら自由に色々な事を

決めていって、家族みんなの人柄が滲み出るような

家をつくりたいです。

葛西 瑞都