2015年

ようこそ、「早瀬の家」へ!後編

前編の続きです!

階段を上がって2階へ。。。

階段を上がる途中、個人的に大好きな瞬間があります。

それはリビングの上部に架かっている梁を横目に

通り過ぎる瞬間。

下階から上階へ切り替わる感覚や、

小上がりサブリビング下部の誰のものでもない空間を

眺める感じがいいんです。

吹抜けに架かるサブリビングへの渡り廊下部分は、

梁の上にウッドデッキを敷いただけの簡単な造りです。

独特の浮遊感があって、歩くだけで少し楽しく感じます。

渡り廊下の向こうには全面開口で内庭と繋がるサブリビング。

床が60cm程上がっていて天井も高い、屋根裏部屋の様な

雰囲気を目指した場所です。それではサブリビングへ。

階段の途中、隙間から1階の内庭がちらっと見えます。

部屋の面積はそんなに大きくないのですが、凄い開放感!

床がラワン合板張り、天井がシナ合板張りの

シンプルな空間です。

2つあるバルコニーは渡り廊下と同じウッドデッキを

敷いてあります。

外壁でくるっと包んで、天井は低く抑えて、

外にある小さな部屋のようにつくりました。

テラスに出てみると・・・

1階にいる家族と楽しい繋がりが生まれそうです。

当たり前のことですが、2階建ての住宅は

1階にいるときには地面が近く、

2階に上がると空が近くなります。

「早瀬の家」では特にそれをつよく感じられます。

↓ちなみ1階から見上げた空はこんな感じです。

壁面の開口は風景を様々に切り取ります。


ということで長々とご紹介させていただきました。

オープンハウスに来ていただいた方はわかると

思いますが、やはり写真の持つ情報量は、

実体験にはかないません。

(僕の写真の撮り方のせいも多々ありますが)

でも、このお家の持つ気持ち良さそうな空気感

みたいなものは少しだけでも伝わったかな?と

思います。 

 

さぁ!これから始まる家づくりも頑張らなくては!

葛西 瑞都